ユキ・アートの施工事例「土足で暮らす家」

スタッフコラム

こんにちは。静岡市の建築アドバイザー 建築工房ユキ・アートです。

今回は、この7月上旬(もうすぐ!)に完成予定の住宅をご紹介いたします。
とっても個性的で素敵なお宅なんですよ。

お施主さまが建て替えを決意されたのは、前のお宅の老朽化がきっかけでした。
障子の張替えや水漏れ修理など、メンテナンスの手間が増えてきたことを考えると、建て替えてしまった方が良いと考えたそうです。

一番大きな特徴は、タイトルにもある通り「土足」すなわち、靴を脱がずに家の中に入ることができるということ。
1階部分の約1/3がコンクリートの土間になっており、残りの2/3は30ミリの厚さがある杉板を使用しています。
カフェの床のような雰囲気というとわかりやすいでしょうか。

杉板はLDKの壁や吹き抜けの天井にも使われているため、家の中は木の香りでいっぱい!
家にいながら、森にいるかのような癒し空間が広がります。

癒し空間をさらにランクアップさせているのは、窓から望む山の借景。
「緑を見ながら暮らしたい」という、ご夫婦の要望を叶えるため、山に面した壁には大きな窓をたくさん設置しました。

もうひとつの特徴は、造り付けの収納。
借景を愉しむ窓の下や、階下を見下ろせる2階の手すりは、本棚としても利用できるよう造りました。
キッチンもシステムキッチンは採用せず、木製のシンプルな棚を取り付け。
いろいろな使い方ができそうです。

1階の中央には、立派な秋田杉の大黒柱があり、そのすぐ横に40センチ高の小上がりが、あります。

小上がりはベンチにもなり、キッチンのカウンターを利用するときにも便利。使い勝手も抜群です。

吹き抜けもあり大きな窓もあり……というと、少し気になるのが空調の効きや、冷暖房に関する光熱費。
でも心配ありません。
このお宅は、これからのスタンダード「ZEH仕様」の住宅なのです。
(関連記事:「これからの新スタンダード「ZEH住宅」のこと」https://www.yuki-art.jp/blog/15761

長々とご紹介しましたが、やはり言葉でお伝えするのには限界があります。
百聞は一見に如かず、ということで、今回お施主さまのご厚意により、完成したお宅を見学できるイベントの開催が決定いたしました!

======================
完成見学会「木と緑の家」
日時:2021年7月10日(土)・11日(日)10:00~17:00
場所:静岡市葵区瀬名
※完全予約制となります。
ご予約はこちらから https://www.yuki-art.jp/news/16270

完成見学会の開催はかなり久しぶり。
ユキ・アートのスタッフも、いつにも増してワクワクドキドキしています。
お気軽にご参加くださいね。

たくさんの方々にお会いできることを願って。
以上、静岡の建築工房ユキ・アートでした。