ZEHへの取り組み

お知らせ

ZEH (ゼッチ)とは・・・

Net  Zero  Energy  House(ネットゼロエネルギーハウス)の略語です。

快適な室内環境を保ちながら住宅の高断熱化と高効率設備を利用してできる限り省エネルギーに努め
太陽光発電などによる、エネルギーを創ることで1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅のことです。

国では2025年までにZEHを標準的な住宅にすることを目標に掲げ、2030年までに平均でZEHの実現を目指すと発表しております。ユキ・アートも温室効果ガス削減に貢献し、環境にやさしい住まいづくりを目指し、ZEHビルダー登録をし ZEHの普及を目指します。

ZEH普及目標

ユキ・アートではZEHの普及に努め、以下のように2025年までのZEH受託率の目標を設定しました。

ZEHの周知・普及に向けた具体策

今までに『長期優良住宅』 『認定低炭素住宅』 『BELS評価』 などに取り組み、お客様に提案し実績を積んで参りました。その経験を生かし、今後はZEHへの取り組みも積極的にPRしZEHが実現した住まいにおきましては 現場見学会を開催し、普及促進に努めます。また、ホームページやチラシ等で告知し、周知、普及を促進いたします。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

高性能設備機器に頼るだけでなく、設計の段階で断熱性能を維持できる間取りや外観を提案します。
外皮計算及び一次消費エネルギー計算を自社で行い外注費を抑えます。
また、現在の基本断熱性能がZEH基準に達成しています。
標準仕様書を作成し、規格化することによりコストダウンを図ります。

その他の取り組み

ユキ・アートスタッフ全員がZEHをよく理解し、一般住宅との違いやメリットをお客様に十分説明できるよう定期的に社内で勉強会を行いZEHの知識を深めます。高性能建材、高性能機器、太陽光発電等を扱う販売店、メーカーにお願いし、お客様に対しまして、説明会や勉強会を定期的に開催いたします。

ZEH取り組みの実績

長期優良住宅の認定基準(平成28年省エネ基準相当)  ※7地域(静岡)   

UA値:0.87以下     
ηA値:2.8以下   

ZEH (ゼロ・エネルギー・ハウス) の認定基準

UA値:0.6以下     
ηA値:2.8以下     
一次エネルギー  削減率(全体):100%以上     
一次エネルギー削減率 (太陽光を除く):20%以上