ユキ・アートの施工事例「狭小地でもおしゃれな家」

家づくりコラム

こんにちは。静岡市の建築アドバイザー 建築工房ユキ・アートです。

今回は、実際にユキ・アートが手掛けたお施主さまのお宅をご紹介します。
お施主さまのこだわりやお気に入りの箇所、ユキ・アートの家づくりに対する想いをたっぷりご覧ください!

外観で一番印象的なのは、バルコニーを囲む木目の手すり。
濃色の外壁とのコントラストが、モダンな雰囲気を醸しだしています。

木目の手すりはインテリア性もあり人気も高いのですが、木製だと紫外線や雨風などによる経年劣化が少し心配。

そのため、ユキ・アートがご提案したのは「アルミ製」の木目手すりの採用。初期費用は高めになりますが、木製の手すりよりずっとキレイが長続きするだけでなく、メンテナンスにかかるランニングコストへの心配もぐっと少なくなりました。

玄関も床の木目に注目!
V字のように見える床は「ヘリンボーン」といい、空間にアクセントをつけると人気のスタイルです。

ヘリンボーン柄のクッションフロアもありますが、この床は無垢の床材をひとつひとつ手作業で並べて張り上げました。

洗面化粧台も、ちょっと珍しい木製を設置。
水に強い塗装がされているので、水回りでも安心してお使いいただけます。
前面に貼ったヘキサゴンタイルも、とってもおしゃれ!

2階から3階をつなぐ階段は、アイアンを使ったオープン階段を採用しました。
壁がないぶん開放感もあり、実際より空間を広く感じる効果が期待できます。

また照明も、その部屋の印象に合わせ、あらゆるタイプをチョイスしています。

約20坪という狭小地でも、安心で快適な暮らしをしてほしい。
そうするためにはどうすればよいかが、今回のお宅の一番の課題でした。

ビルトインガレージ付きの3階建てですが、もちろん今回も構造計算を行い、耐震等級3を実現。いつにもましてガンコな造りになっています!

インテリアや建具、照明などへの関心が強く、人気のアイテムや流行をご存じのお施主さまでしたので、わたしたちも大変勉強になりました。

いかがでしたでしょうか。
これからも【ユキ・アートの施工事例】をどしどし紹介予定です。
お楽しみにしていてくださいね。

以上、静岡の建築工房ユキ・アートでした。